◆ 弁護士、司法書士 って結局どんな仕事なの? ◆

前回の行政書士ってどんな仕事?のおまけです。
同じような名前の士業として、弁護士と司法書士をついでにといったら失礼ですがご紹介。

 

☆ 弁護士 ☆

日本で唯一、『人の代わりになって法律でケンカ又は仲直りをできる職業』です。実は一部司法書士も同じことをできるのですがそれは下記ご参照。
弁護士の方に怒られそうですが一言でいうならこういう説明になるかと思います。ケンカとは裁判だけではありません。リング外でもいくらでも法律のケンカは起こります。
裁判ができるくらいなので、その人の代わりに法律の手続をしたり文書を作成したりも当然できます。つまり、司法書士や行政書士はもちろん、税理士や社会保険労務士その他ほとんどの法律系資格に認められる業務を弁護士は一人でこなせるというわけです。
ただ、やっぱり法律でケンカをするために存在している資格なので、そういった他士業の業務を中心にしている弁護士の人はほとんどいません。
誰かと法律でケンカや仲直りをしたいなら、弁護士に頼むのが一番(というか弁護士にしか頼めない)、というわけです。

 

☆ 司法書士 ☆

日本で(弁護士を除き)唯一、『不動産の権利を法律で守る手続を人の代わりにできる職業』です。
土地や建物といった不動産に関する法律系資格の最高峰。不動産の権利に関することなら司法書士に聞くのが一番です。
また司法書士の中でも、裁判に関する試験に合格した『認定司法書士』と呼ばれる人は、弁護士しかできないはずの裁判での訴訟代理をすることもできます(但し140万円以内の一審裁判に限ります)。
大きくは、不動産を購入したり売ったりする場面と、相続で不動産を受け継ぐような場合に関わってくることが多いです。最近は、上記の訴訟代理権を使って過払い金の返還請求を行う司法書士事務所がよくCMを流すようになりました。弁護士に比肩する法律知識を有していますので、相談すればその場で直接解決案を出してくれたり、弁護士や関係士業を紹介してくれます。

 

☆ 行政書士 ☆

せっかくなので、行政書士の徽章(きしょう)も。
弁護士がヒマワリ天秤、司法書士が五三桐花、行政書士はコスモス篆書行です。
『篆書行』というのは篆書(てんしょ)体で書いた『行』の文字のことで、カタカナの『コ』が4つ組み合わさったようなのが花びらの真ん中にあるのがそれのことです。
出会った人の上着に徽章バッジがついていたら、それを見てどの士業が当ててみると驚かれるかもしれません。(実は士業間でも他の士業がどんな徽章なのか把握できていない人が意外と多いです)

 

ちなみに、こういった徽章のマークは全て特許庁に商標登録されています。資格無く勝手に商売に使ったり改変したりすると刑罰を受けたりする可能性がありますのでご注意を。